home > 投稿 > > この青空に約束を― 第百九十八話 この冬空に歌声を― ~その3~

この青空に約束を― 第百九十八話 この冬空に歌声を― ~その3~

 
この青空に約束を―
 
第百九十八話あらすじ

 3月に入ってから、つぐみ寮の女子メンバーは、みんな揃って風呂に入るようになっていた。
 また、一日が過ぎていく。
 何もできず、何も変わらず、何も残せず、焦りと諦めを混ぜ合わせた感情のまま、日付だけが変わっていくのだ。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回も、本編全編見終わった後に出てきたおまけストーリーである「この冬空に歌声を―」という物語を見ていきます。
 場面は、物語開始地点の翌日からの物語となります。
 
 ふと今回気がついたけど、この物語はおまけストーリーだけど、雲のアイキャッチ(?)かな、が出てきて章立てになっているのね。
 今回は二回分見ていきます。
 前半の話の前半、教室場面。こういった場面での物語第一声は茜が多いような気がしてきた。
 それと、この場面では茜と紀子が、何かゲームやっとりますね。
 その内容はたぶん、「もうさい……(もう最後?)」「わたしたちにだってお……(お別れ?)」「フィナーレ……」といったところから推測するに、これで最後みたいなことを口走ったらアウトみたいな感じ?
 あとは、奈緒子編の世界線を引きずっているのが、一回目のパジャマパーティーの件で、雅文が紀子にやられていますね。
 奈緒子編だったら、航は隆史から直接聞いているけど、この曖昧な世界では「風の噂」ということになっとります。
 要するに、どの世界線でも夏休みバイトして、雅文はお持ち帰りして、紀子に関係修復の行脚という流れは同じなのでしょう。
 
 後半はつぐみ寮で、お風呂の場面。
 どのぐらいの広さなのかわからないけど、六人全員で入っていて航だけハブられていますw
 なんだかこの風呂場に航が飛び込んでも問題ないみたいな流れになっているけど、妙なところでハーレムルートに突入しているなー。
 この雰囲気だとN=1じゃないから、約束の日に繋がらないみたいだよ。
 それとも凛奈の台詞より、海己を特別扱いしている世界線なのか?
 ここまでで雲のアイキャッチが出てきて一話終わります。全体から見ると、第二話終了です。
 
 
 続いて第三話。
 さらに少しだけ日付が流れて、3月9日と明確に語られます。
 前半はサザンフィッシュの場面で、雅文と二人でホワイトデーのお返しでクッキー焼いています。
 クッキーか、焼いたことないし、そもそもあまり好きじゃないし。ケーキかピザかと思ったよ。
 ここでは、雅文がつぐみ寮のメンバーをどう見ていたのかが語られていて面白いですね。まぁほぼ見たまんまですが。
 
 後半の話を聞いていると、なんだか落ち着かない気分になってしまったり。
 例えば「あと、何回こういう夜を過ごせるのかなって、もうすぐ、両手の指で数えられるようになるのね」とか、「あと13日からあと12日へと」とか、具体的に最後が見えてくると、なんだか見ているだけでそわそわしてしまうよ。
 本編だと――、凛奈編ぐらいか、最後の方まで物語が流れたのは。次に宮穂が年越し、それ以外は秋には物語が終わっていますからね。
 最後の方、残り何日、とか語られませんからね。
 ネバーランドもあと数日か……、つてやつですよ。

 
 さて、今回もオリジナル版となるフォセット版とVITA版の違いを見てみましょう。
 前半第二話からは、まず茜の台詞で、フォセット版では「わたしたちにだっておわか……ふぎゅぅっ」ってなっているのが、VITA版では「わたしたちにだってお……ふぎゅぅっ」となっています。微妙に語尾を削る意味は何でしょうか?
 次に紀子の台詞から「この正真正銘ハーレム」が「この正真正銘星野城」となってます。本編でハーレムは城に置き換え済みなので、ここは予測がついたです。ただ、星空に思い出では、雅文の台詞でハーレムが出てきているのだけどなー。
 後半の風呂場面では、フォセット版では裸の立ち絵が出てくるけど、VITA版では背景だけとなっています。ま、出てきたら18禁になるから仕方ないね。
 あとは、最後の航の部屋で川の字場面がまるっとカットされていますね。結構表現が微妙なので、バッサリ切る方向で改変したのでしょう。
 
 後半第三話からは、サザンフィッシュの場面で雅文がもらったものが、「アル〇ァベッ〇チョコ」から「そんなちっこいチョコ」に差し替えられています。アルファベットチョコって伏せる必要あるのか? と思って検索してみた実在するアレか。食べたことあるけど名前までは知らなかったよ。――って雅文がバレンタインデーでもらったものはそれですか……(。-`ω´-)
 差し替えられていたから、その後に続く文字を並べる場面をすんなり想像できなかったよ。
 続いてチョコチップでのメッセージが「ソロソロヤラセロ」から「ソロソロキスクライ」と差し替えられています。キスまではOK系統の差し替えです、メッセージでもアウトなのです。
 つぐみ寮の場面では、予想通り沙衣里が奈緒子に焼酎を勧める流れがバッサリ差し替えられていますね。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記