home > 投稿 > > この青空に約束を― 第百六十六話 すべてはつぐみ寮のために

この青空に約束を― 第百六十六話 すべてはつぐみ寮のために

 
この青空に約束を―
 
第百六十六話あらすじ

 浅倉奈緒子が、生徒会長になった日――
 奈緒子は、生徒会の人員をつぐみ寮メンバーで固めてしまった。
 それは、つぐみ寮を潰そうとする学園側に対抗するために、半年も前から計画されていたことなのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回は、奈緒子編のおまけストーリー「すべてはつぐみ寮のために」です。
 本来なら奈緒子編本編を見終わった後に出てくるおまけストーリーなのですが、時系列でみた場合、本編開始前となるのでこの位置に記事を持ってきました。
 場面は、航がまだ一年生の頃、奈緒子が生徒会長に就任した直後の秋ですかね。
 だから、宮穂や静、凛奈は登場せず、最初からいる残りの三人だけが出てきます。
 
 さて、見るべきところは――
 奈緒子が生徒会長に就任して、メンバーをつぐみ寮で固めた理由付けを述べたってところかな。
 折角だから、航の一年次にしか居なかったメンバーが出てきてくれたらより面白かったけど、そこは仕方ないか?
 でも沙衣里の同級生とか、フォセットで追加されていたので、この場面でも追加してくれたらよかったのにね。声はまぁ、麻生君とか内藤君が兼任してくれたとしても、違いはわからんでしょうw
 
 そのぐらいかなぁ?
 おまけストーリーだから、特にドラマがあるわけでもないし。
 舞台設定の補足みたいな感じの物語でした。
 
  
 さて、今回もオリジナル版(フォセット)とVITA版の違いを見てみましょう。
 やっぱりフォセット版のストーリーは、VITA版に移植される際に、ちょっと手抜きが入っているのかな?
 最初の奈緒子の演説時、オリジナル版では声にエコーや周囲のざわめきが入っているのに、VITA版では音声加工も周辺音も無しです。
 あと大きな違いは、フォセット版では奈緒子の姿も出てきますが、VITA版では奈緒子視点っぽく表現を変えているのか、奈緒子の姿は出てきません。
 それと、フォセット版では冬服だけど、VITA版では夏服となっています。
 文章自体の差し替えは、ありませんでした。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記