home > 投稿 > > この青空に約束を― 第百四十四話 セカンドキス

この青空に約束を― 第百四十四話 セカンドキス

 
この青空に約束を―
 
第百四十四話あらすじ
 ダブルブッキングの翌日、沙衣里は航に甘えてキスをせがむ。
 そして航自身も、そんな沙衣里のダメっぷりな所に惹かれていることに気がついた。
 この日を境に航と沙衣里は、お互いを完全に意識してしまった日となったのだ。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回はAct2沙衣里編第五話、「セカンドキス」です。
 内容としては、ダブルブッキングの翌日の出来事。航は坂田氏の正体を掴むために動き回る一方で、沙衣里は学生時代の友人と合っているところ。
 前回の一件から、沙衣里の態度が急に変わっていますなぁ……
 表向きには学園側の陰謀を暴く話にしておいて、同時進行で裏では沙衣里の心変わりを描くわけか。なんだか航も急に沙衣里に惹かれだすからね。
 恋物語は唐突に始まったってやつですよ。少なくとも前回空港に出かける場面では、そのような心情は全くなかったように見えました。
 でも以前のプレイでは、学園側の動きを探っていたという記憶はあるのですが、沙衣里の方については覚えていないのですよね。
 だから、沙衣里の友人四人の姿は全然覚えていないというか……、たぶんミチルが右端だよね。ん~、左から二番目もそれっぽいけど、どっちかだな。
 智代はは真面目っぽいから右から二番目、あとはの二人はよくわかんない。
 この四人の中で見た目だけで選ぶと、左端かなぁ? ミチルっぽい右端もいいけど、ミチルだと思うと遠慮したい……
 苦手っぽいのがなんだか性格悪そうな左から二番目、やっぱこっちがミチルかなぁ?
 あとは、航の台詞に出てきた「川上建設」って、Rippleに出てきたものだよね、たぶん。川上由里己って仕事ばっかりしている人がいたの覚えているからね。
 航が他人の名を語ったり、オレオレ詐欺みたいなことをしている件は、まあいいやw
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 まずは感想で述べたけど、航がオレオレ詐欺みたいなことをしている件で「一歩間違えれば、振り込め詐欺だな、これ」という一文が、VITA版ではカットされています。この理由は何かな? 確か「詐欺」という単語がNGだったような気もするけど、削る必要有るのかな、これ。
 それから細かい所で「尻軽」という単語がカットされていますね。尻軽と言う単語は18禁、と。
 続いて18禁なのか微妙な文章、雅文を黙らせる件で「星野家の全勢力をあげて、分家の内山家を取り潰してやる。……というのは、あまりにも本家の傲慢が酷いので、本当にやるわけはないが」となっているのが「星野家の全勢力に。過去にしでかしたあいつの悪行をばらしてやる。……なんてことはしないが、まぁ、数人に言うぞと言えば大人しくしてくれるだろう」と書き換えられています。ここ変える必要あるのかな? どの辺りが18禁なのかよくわからない。
 それと感想でも述べたけど、沙衣里の友人四人の姿は全然覚えていないというのは当然のことでした。この四人の立ち絵は、VITA版で追加されたものであって、オリジナル版には登場していませんでした。移植の際に、わざわざ四人の立ち絵を追加したのかな? ということは、今後も出てくるのだろうか? この場面だけに使うために新たに描くとは思えないからなぁ……
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記