home > 投稿 > > この青空に約束を― 第百四十三話 ダブルブッキング ~後編~

この青空に約束を― 第百四十三話 ダブルブッキング ~後編~

 
この青空に約束を―
 
第百四十三話あらすじ
 8月10日午後十一時、南栄生島商店街にて――
 教頭とサカタ氏は、学園長の待つ料亭へと入って行った。
 ひょんなことで教頭にバレそうになった時、航は沙衣里に――
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回はAct2沙衣里編第四話、「ダブルブッキング」の後半です。
 多少グダグダな感じですが、航と沙衣里の関係がスタートした感じですかね。二時間抱き合って、三分間キスし続けるというスタート……ようやく物語が動き出した感じですね。
 結局学園長は、つぐみ寮跡に何を作りたいのでしたっけ?
 その辺りの詳細は覚えていないので、航や沙衣里と一緒に追いかけていきましょう。

 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 キスが終わった後の表現が、オリジナル版では「何故か、唇の周りをべとべとにした」というものですが、VITA版では「長いキスを終えて互いを見つめ合う」と変わっています。生々しい表現は差し替えられますからね。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記