home > 投稿 > > この青空に約束を― 第百三十話 高見塚学園の一番長い日 ~後編~

この青空に約束を― 第百三十話 高見塚学園の一番長い日 ~後編~

 
この青空に約束を―
 
第百三十話あらすじ
 海己、一世一代の大演説の反応はあまり見えないまま、学園祭は終わろうとしている。
 しかし航は、いつか必ず、周りのみんなを全員納得させてやると誓う。
 11月3日、それは航と海己の、一回目の結婚記念日なのであった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話で、海己編本編は終了となります。
 はっはっはっ、キャンプファイヤーのシーンは記憶から抜け落ちていましたな。
 その後に出てきた航の祖父母と海己の父親との会話は、うろおぼえだけど記憶にあったけどね。
 ただし、海己のドレス姿は記憶にあったのだよね。ただしエピローグと思い込んでいました。相合傘を残ったつぐみ寮で見てから、結婚式に挑んだ気がするのだけど、ショコラの美里編と記憶が混ざり合ってしまっているのかな?
 しっかし、この世界はいいね、凛奈の時もそうだったけど、本命とフォークダンスできるから(謎)
 海己の身体が柔らかくて気持ちいいか。まぁつぐみ寮のメンバーの中では、海己が一番柔らかくて気持ちいいだろう。真逆なのが凛奈でカチカチだろうねw
 海己→奈緒子→宮穂→沙衣里→静→凛奈の順に、ソフトからハードへと転換しております(意味不明)
 
 ところで、高見塚学園の一番長い日ってタイトル、映画の「日本のいちばん長い日」みたいだね。
 
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 まずは、航が停学を受けたことで、寮の部屋から出たらいけないと言われた場面で、雅文の台詞「いや、そうしないとお前ら普通に子供できるだろ」の一文がカットされていますね。まぁ年齢制限の入る行為を示唆するからでしょう。
 それからフォークダンスの場面で「いつまでも、俺の腕の中に飼っておくしかないかも」という文章が、「いつまでも、俺の傍にいてほしい」と変わっています。ここは特に変えなくても――飼うという表現が、人を飼うって感じでダメなのかな?
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記