home > 投稿 > > この青空に約束を― 第九十五話 籠城開始っ!

この青空に約束を― 第九十五話 籠城開始っ!

 
この青空に約束を―
 
第九十五話あらすじ
 
 静の家族のことについて、悩み続ける航。
 そして一週間後のある夜、静に打ち明けようと決心する。
 しかし、話の段取りを間違えてしまったために――
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、静編Act3第四話「籠城開始っ!」です。
 静編で昔プレイした時の記憶で覚えている数少ない要素である「藤村の家に帰れ」が出てくる話がここです。
 しかし実際にリプレイしてみたら、その台詞しか出てこなかった。そりゃあこの台詞しか覚えていないわけだなーって思ったり。
 この話の流れの組み立ては、「かすりさんをください」や「玲愛をください」に通じるものがありますね。
 どれも事前に頭の中ではいろいろと考えているのだけど、実際に口に出すのは核心のみだという。それらの変化球ってところでしょう。
 後は静が裸で大暴れというのも記憶に残っていたけど、そこは年齢制限を緩くしたVITA版なので、寝間着姿に変更されていましたと。
 個人的に一番受けたのは、海己が航を心配して「航? どうしちゃったの? おなかすいちゃったの?」ですね。海己は航はおなかがすくと暴れると思っているらしいw
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 まずは、静の大きな一枚絵が二つ追加されていますね。寝ている場面と、話を聞いている場面。
 それと大きな変更点として、オリジナル版では航と静は全裸だけど、VITA版では寝間着姿ということ前提で話が進んでいきます。それゆえに、描画の内容がいろいろと変わっていたりします。
 あと、裸というものもあって、オリジナル版ではちょっとだげ年齢制限入るような行為をやっていますが、その部分は当然のごとく削られております。それらの代わりとして、この場面で新しい絵を追加してきたのだろうね。
 ところで「おしっこ行っとくか?」が「トイレ行っとくか?」に差し替えられているけど、こういうのにも年齢制限入るのね。VITA版は正確に言えば12禁ですが、小学生は普通に使いまくっている――むしろそっちの方が成人よりもよく使っている単語なのにねw
 しかしオリジナル版では、航が裸で部屋から飛び出してきてほかのみんなと鉢合わせする場面での反応が面白いけど、それが無くなっているのは残念ですね。まぁそこは移植できない場面なのはわかっていますが……
 その影響で、宮穂に「お風呂上がりですか?」と尋ねられるだけのオリジナル版と違って、VITA版では「見損ないました」と誤解されているけど、そこのところは今後の流れに影響するのかな?
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記