home > 投稿 > > この青空に約束を― 第八十三話 いっしょにはいろ

この青空に約束を― 第八十三話 いっしょにはいろ

 
この青空に約束を―
 
第八十三話あらすじ
 
 静がつぐみ寮にやってきてから一週間。
 静は毎日誰かと一緒に風呂に入るのが日課となっていた。
 そして今日、いっしょに入るのは――?

 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、静編のおまけショートストーリー「いっしょにはいろ」です。
 実プレイでは、静編本編終了後におまけに出てきたストーリーですが、時系列が本編開始前だったということもあり、記事としてはこの位置に持ってきました。
 タイトルからして風呂の話かなと思いましたが、確かに終始風呂の物語でした。
 本編では語られたことが無い、静以外の入浴シーン(絵は出てきません)が見られるのが新鮮だったかな。特に奈緒子とか。
 時系列では、航と静が初めて出会った一週間後ぐらいの話ということで、凛奈と宮穂は出てきません。
 本編開始の半年前となると、今のところ知っている範囲では回想シーンを除けば一番古いストーリーになるのかな。
 となると、本編でのメンバー以外にも奈緒子さんの一つ上とか、航以外の男子も存在するはずだけど、出てこないのはまぁシステム上しょうがないかw
 とにかく、かくして航と静は一緒に風呂に入ることが日常になりましたという、静編のプロローグみたいなものですね。 
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 オリジナル版はフォセットになりますが、フォセットも18禁ということで、大きな違いがあったりしました。
 それは、フォセットでは静を含めて登場するヒロイン全員の裸が拝めますw しかしVITA版は年齢制限が緩いということで、それらの絵は出てこないので風呂の場面は立ち絵は全て無人となっています。静以外の裸の立ち絵は、初めて見たかも……
 あとは、最後の方で出てくる沙衣里と奈緒子の服装が、フォセットだと冬の私服だけど、VITA版では夏の私服になっているところかな。時期的にはどっちが正しいのだろうか? あと表情のパターンがが若干違うところかな。どうもやっぱりこのおまけストーリーは、VITA版は手を抜いている部分がちょっとあるような気がしたりして。
 文章自体に差し替えはありませんでした。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記