home > 投稿 > > この青空に約束を― 第八十一話 みんなの大晦日

この青空に約束を― 第八十一話 みんなの大晦日

 
この青空に約束を―
 
第八十一話あらすじ
 
 クリスマス・イブの夜、ベランダにて航と宮穂は「ずっとこのままで……」と願う。
 そして大晦日の夜、宮穂は初めて食べた海己の料理であるおせち料理に胸を弾ませるのであった。
 そこに大掃除中だった航が現れて―― 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、前半が宮穂編Act3第九話「みんなのクリスマス」の続きで、後半は「みんなの大晦日」の途中までとなっています。
 前半の「みんなのクリスマス」の後半部分では、VITA版での新展開となっていて、新しい一枚絵も登場してきます。
 元々オリジナル版では航の部屋で年齢制限が入るようなことをしていたわけですが、それがベランダでの語らいと変わっているわけです。
 やっぱりクリスマスの話は少し語られただけで、具体的なパーティの場面は無しですか。記憶に無いわけですね。
 それに加えてえっちな場面も記憶に無かったので、新しい大きな絵が出てきて差し替え場面と気がついたぐらい。
 
 そして後半は、宮穂編Act3第十話、最終話の「みんなの大晦日」の途中までです。
 この話は記憶に無い……。というより、みんなのクリスマスでエンディング突入かと思っていたけど、続きがまだあったのがわかった地点で何だろう? って感じでした。
 その内容ですが、おせち料理も宮穂編の重要アイテムの一つなのだね。確か「あの素晴らしいおせち料理をもう一度」という話もありましたし。
 それにしても航、初対面で六条宮穂と聞いて最初から宮と呼びますか。風美由飛以上に馴れ馴れしくないか?
 おせちの残り物か……、確かに黒豆は残るね。あと酢の物がやたらと残る。逆に昆布巻きやかまぼこは、自分の場合好みの方なのでさっさと無くなってしまうけどね。
 たつくりもよくわからなかったから画像検索してみたけど、これもごはんにむっちゃ合うのでさっさと無くなるぞ?
 なますもよくわからなかったけど、画像検索したらこれが酢の物か、これは残るね。間違いなく残る。
 あと自分の場合、意外に残るのが栗きんとん。子供の時は好きだったからあっという間になくなったけど、今はそれほど欲しくないので残るのよね。
 
 そっか、おせち料理作成か。
 ここ数年はマーケットなどで買って済ませてしまうなぁ……
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 前半の「みんなのクリスマス」では、ごく一部を除いてVITA版での新展開となっています。これは感想でも述べた通り、オリジナル版では年齢制限入るようなことをやっているから、ごっそりと差し替えられたわけで。
 後半の「みんなの大晦日」では、今回見た範囲では特に変更点はありませんでした。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記