home > 投稿 > > この青空に約束を― 第七十八話 実家に帰らせていただきます

この青空に約束を― 第七十八話 実家に帰らせていただきます

 
この青空に約束を―
 
第七十八話あらすじ
 
 高見塚祭の夜から、宮穂はつぐみ寮に姿を見せていない。
 それに航は、一度も六条屋敷に顔を出していない。
 航は自分の立てた誓い、誰も本気にしなかった約束が成立するまでは、会わないと決めていたのだった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、宮穂編Act3第八話「実家に帰らせていただきます」です。
 このタイトルから、宮穂が籠ったなと判断できました――が、前回の話からどうもいまいち籠ってしまう理由に結びつかないなぁ……
 一応航は、新聞をすべて集めてから宮穂に会いに行くってことで奔走しているけど、なぜ宮穂が籠ってしまったのかという理由がわかりにくいのが困る。
 おそらく自分の読解力が足りないのだと思うけどね……
 なぜです? なぜ宮穂は籠ってしまったんだ?!
 
 今回の話は久しぶりーなメンツが多かったなぁ。
 宮穂編だけ追いかけていたら、サザンフィッシュとか出てこないから、久々に三田村兄妹を見たと思う。
 生徒会室も久しぶり、なんか久しぶりに学校に行ったような気がするよ。
 そして生徒会メンバーも微妙に変化してますね。凛奈がメンバーに加わっているよ。逆に奈緒子さんは引退したはずなのにまだ居座っているけどねw
 んでもって、確か海己が副会長になるんだよね。海己編で、そういう話になった記憶があります。
 でもどうだろう。宮穂編では海己は演劇でウェンディやってないし、ひょっとしたら海己編以外では副会長にならなかったりしてね。
 それでふと思ったけど、今年いっぱいで居なくなるメンツで生徒会固めてたら、4月以降どうするのかな? なんてね。
 
 あと、沙衣里の台詞に航のことを「大問題児」と評するところが出てくるけど、言うほど航は問題児か? などとこれまでのプレイから思ったり。
 精々マラソン大会でルール違反したぐらいで、後はこれといって問題ないような……
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 なんかすげ細かい所が削られているね、沙衣里の台詞から「軽薄短小大問題児」だったのが「大問題児」だけになっています。まぁ18禁に触れる台詞になってしまうか、これは仕方ないね。ってか沙衣里下品だなーっ。
 そこが削られているので、続く航の「真ん中違う!」という台詞が無くなってますね。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記