home > 投稿 > > この青空に約束を― 第五十九話 一人前と0人前

この青空に約束を― 第五十九話 一人前と0人前

 
この青空に約束を―
 
第五十九話あらすじ
 
 海己の身に不測の事態が起きた時、つぐみ寮の食生活は大打撃を被る。
 そこで宮穂は、静と一緒に海己の代わりとして晩御飯を作るのであった。
 自信満々に披露する宮穂だが、その実態は――?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、Act1における宮穂編個別パート第三話かな、静とセットの話「一人前と0人前」となります。
 こういったストーリーの本筋とあまり関係ない小話みたいなものは、あまり覚えていないのですよね。半分リプレイ半分初見と述べたように、こういった話は後者に該当します。
 要するに、宮穂は指示を出しているだけで、実際に料理当番として機能しているのは静だけという話です。
 まぁ宮穂はこれまで執事さんとかお手伝いさん、メイドさんとか居るのかな? そういった人たちに支えられて生きてきたわけですから、料理などやったことないのでしょう。
 逆に静は一人でやっていくしかなかった環境で過ごしてきたので、ある程度料理にも対応できると、そういったことなのでしょう。
 タイトルの意味は結構初めの方からわかったかな。宮穂が何かしゃべると、即座に静が反応して行動しているって感じだったからね。
 宮穂が「そっち煮立ってきた」と述べると、すぐに静が「ん」って感じで宮穂はしゃべっているだけっぽかったからね。
 まぁそれが「黙れ口先女」に繋がるわけでw
 ところで航に突っ込まれて宮穂の「ああっ!?」というのは、パルフェで仁に突っ込まれて由飛の「ああっ!?」に通じるものがありますね。意外な形で属性を引き継いでいたりするのかな。
 今回の宮穂のお嬢様とは思えない黒い行動シリーズ、海己をお風呂場に押し込んで外から鍵をかけました~♪
 あと、この地点ではまだ凛奈はつぐみ寮の食卓に現れないのだよねぇ……
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 ――と思ったけど、特に変更点は見受けられませんでした。
 以上。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記