home > 投稿 > > この青空に約束を― 第四十四話 フックせんちょ

この青空に約束を― 第四十四話 フックせんちょ

 
この青空に約束を―
 
第四十四話あらすじ
 
 文化祭の準備が始まった。
 航のクラスでは、ピーターパンの演劇をやることになり、主演は凛奈、ヒロインは海己となっていた。
 最初は調子よく稽古していた凛奈だが、そこに航が現れると――?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、凛奈個別編第四話「フックせんちょ」というタイトルのストーリーです。
 前回まで二回もあまり記憶に無い話が続いていたけど、今回の話は割りと記憶に残っていました。といっても文化祭があったね、程度ですが……
 フックせんちょなぁ、せんせとてんちょを混ぜてせんちょという話はパルフェの明日香編だったかな。そのネタをここに、今度は本当に船長として持ってきたとは、狙ってやったのかな?
 問題は、プレイヤーの私がピーターパンの本編について、登場人物とあらすじ程度しか知らないこと。
 映画でピーターパン関係の物を見た記憶は有るのですが、それは前日譚みたいなもので、フック船長が船長になる前の話だったと思います。(調べてみた、PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~という映画がテレビでやってたのを見たかな)
 まぁ凛奈が航を無茶苦茶意識するようになっているといった話です。これが凛奈編中盤最大の山場である文化祭イベントに繋がる起の部分ってところでしょう。
 あとは、いつの間にか航が生徒会長に就任。この辺りの詳細は、確か奈緒子編だったかな?
 
 ところで凛奈の立ち絵を見て、メッセージボックスの隙間から覗く足がやたらと白いなと思ったらサイハイソックスだったというオチが今回発生。
 思えば丸戸さんの作品で、サイハイソックス――いわゆるニーソキャラって個人的に苦手なキャラが多いのよね。
 順を追って具体的に挙げてみると、河野朝奈(Ripple)は苦手キャラ、結城すず(ショコラ)は苦手じゃないけど趣味じゃない、神応寺古都(FOLKLORE JAM)は好み(あれっ?)、菊永瑠璃(ままらぶ)は苦手、花鳥玲愛(パルフェ)は苦手、とまぁ例外が一人居たけど基本的に相性が悪いですw
 でもこの青空では、凛奈も宮穂も茜も苦手じゃないからこの法則が崩れるのだよね。――ってか、このゲームってさほど苦手なキャラがいないです。精々静(の生い立ちと家庭環境)が苦手なぐらいかな。
 ついでに丸戸さん推しの黒ストキャラも見てみようか。Rippleには居たっけ? 秋島香奈子(ショコラ)は黒スト時代は苦手(ただし高校時代は好み)、水篠碧衣(FOLKLORE JAM)は苦手、ままらぶには居ない、杉澤恵麻(パルフェ)は好み。浅倉奈緒子(この青ぞに)は普通。ん~、苦手が若干多い?
 個人的には素足裸足か素足サンダルのキャラが一番好みなのよね~。(ぶっちゃけて言うと、靴下というものがあまり好きではない)
 
 ん、話が逸れたな。
 まあよい。
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 今回は謎の修正を一つ発見。オリジナル版では学園祭だけど、VITA版では文化祭になっている部分があります。この変更の理由は一体何だ?
 他は特に無し。
 以上。 
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記