home > 投稿 > > この青空に約束を― 第四十三話 週に一度の島内デート

この青空に約束を― 第四十三話 週に一度の島内デート

 
この青空に約束を―
 
第四十三話あらすじ
 
 毎週土曜日の秘め事。
 航と凛奈はデートという名のジョギングをやっていた。
 走りながらじゃれつく二人の光景は、すっかり島の名物と化しているのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、凛奈個別編第三話「週に一度の島内デート」というタイトルのストーリーです。
 前回に引き続き、あまり記憶に無い話だなと思いながらプレイしていたけど、エッチの話を差し替えたものだったのね。そりゃ記憶に無いわけだわ。
 まぁ元々の話も半分弱は忘れているので、どこが追加なのかわかりにくくなっているけどね。
 ただ、島内を二人で走って回るのは、凛奈編本編ラストであったような記憶があったりします。それを元に新たに作ったのかな。
 その辺りの関係か、陸上部のユニフォームで海岸の道を走る一枚絵、構図は運動場やマラソン大会の時の体操着姿のと同じだけど、衣装だけ差し替えたのは新規追加かもしれないな。
 しかし、二人はみんなに隠れてデートしていると言うけど、走りながらじゃれつく光景が島の名物と化しているのなら、その辺りから噂話としてみんなの耳に入らないのかねぇ?
 
 今回の話で航に同意ってのは、凛奈の微笑んでいる表情が一番魅力的だと言っているけど、確かに自分もそう思う。
 その表情の凛奈を見ていると、ほんわかするような、和むような、そんな気にさせるのよね。
 ひょっとしたらこのゲームの中に出てくる立ち絵の中で、一番好きな物かもしれない。そんな所がありました。
 
 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 ――と言っても、大半がオリジナル版のえっちシーンをデート話に置き換えているので、全体的に違う、としか書けないかな。
 具体的に言うと、陸上部の練習で沙衣里と分かれた後は、ごっそり置き換わっていますということで。
 ただ、つぐみ寮のメンバーには既にばれてて、二人の言い訳を話し合ってる場面は残してもよかったと思うけどなぁ……
 あとはタイトルがオリジナル版では「週に一度の安全日」だけど、VITA版では「週に一度の島内デート」になっていますね。
 以上。 
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記