home > 投稿 > > この青空に約束を― 第十七話 ただ勝利のために 後編

この青空に約束を― 第十七話 ただ勝利のために 後編

 
この青空に約束を―
 
第十七話あらすじ
 徹夜が祟って、ついに力尽きてしまった航。このまま凛奈の独走で終わってしまうのか?
 しかし航には、起死回生の策があった。
 そして宣言通り、どんな結果になろうとも先にゴールに入った航であったが――

 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は前回に引き続き、前半戦最大の山場であるマラソン大会の話です。一つのストーリーとしてはちょっと長いので、複数に分割して記録した後編です。
 前回が航がダウンするまでの話、今回は起死回生の逆転劇の話。
 ――と言えば聞こえはいいが、ただのルール違反、ショートカットのイカサマですw
 ちょっと気になったので、航がどのコースを通ったのか、島の全景を元に考察してみました。
 

 とまぁ思うに、こんな感じかなとしか距離や時間的に思いつきませんでした。
 スタート地点は島の裏側で、ゴールは恐らく学校の近くだと思います。そして学校の北側にある山の上にある建物がつぐみ寮だと思うのですよね。そして残り500メートル以内で合流できる地点。
 ただ倒れた地点がカーブなのだよね。そのカーブが島の北西まで行ってしまうとそこからはショートカットのやりようが無いので、もっと手前のはず。時間的に、距離的にもそこそこ差が必要。
 というわけでそれらを考慮すると、航の通ったルートは黄色で、正規のルートは島の外周をぐるっとかな……と。
 アニメだとジグザグの道が正規ルートで、航はそれをまっすぐに突っ切って行った感じになっていたけどね。
 
 あと、人の手を借りると失格になるというのは気にするけど、ショートカットして失格になるのは気にしないのね。

 
 さて、今回もオリジナル版とVITA版の違いを見てみましょう。
 なんか微妙な変更があったり。オリジナル版では茜はロッキーという映画のラストで流れる音楽を口ずさむけど、VITA版ではメインテーマを音程外して口ずさんでいます。ここ変える必要、あるのか?
 次に沙衣里の台詞で、航にひよどり越えの逆落としを聞かれたとき、「し、し、四十八……」と言ってたのが「逆落としってプロレス技の名前だったよね?」に差し替えられているけど、これも差し替える必要あるか? 四十八って何か制限が?
 以上。 
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記