home > 投稿 > > 四神演武 regulus ~終章:廃課金プレイの成果~

四神演武 regulus ~終章:廃課金プレイの成果~

 
 四神演武 regulusというブラウザゲームの思い出です。
 すごくマイナーなゲームで、読む人もほとんど居ないと思われますが、自分にとってはでかいことをやらかしたゲームなので、記録として残しておこうと思います。
 前回は同盟に誘われてから、育成や陣容が整うまでの話でした。今回は、その結果をざっくりと話そうかと思います。
 
 
 私は対戦はあまりやらずにプレイしていましたが、数値上の強さだけは極限を目指してプレイしていました。
 その結果、サーバー内で、数値的な戦力では一番高くなったりしてしまいました。
 
 するとどうなるか――
 
 
 これを語る前に、四神演武 regulusでのレイド戦の仕様を語っておきます。
 ネットゲームにはいろいろなレイド戦がありますが、このゲームでは参加表明をすれば、あとは特にプレイすることはなく、機械が勝手に処理してくれる結果を見ているだけになります。
 で、レイド戦で与えるダメージポイントは、部隊の総合戦力で決まるようになっていました。だから、戦力の数値が高ければ高いほど、良い結果を出せるのです。
 
 
 ――そして私は数値的な戦力は、サーバーで一番高くなっていました。
 
 その結果――

 曹操を獲得した翌日のレイド戦で、サーバー内で一位を取ってしまいました!
 二位じゃないんですよ、一位ですよ。
 
 その日から、レイド戦で一位を取るたびに、記念にスクショを撮っていくことにしました。
 今、レイド戦のスクショだけを抜き出してみると――

 こんな結果になってしまっております。
 11月から4月まで、6ヶ月で114回レイド戦で一位を取る暴挙。取れなかったときも、ベストテンには毎回入賞していたと思いますね。
(4/25以降載っていないのは、飽きてプレイしていないので参加していなかったからです)
 
 これ全部、曹操の効果なんだよなぁ。
 対戦で使わないから、上位のプレイヤーも曹操は取らない。
 たぶん戦力の仕組みがわかっている人もほとんど居なかったんじゃないかな、少なくともmixi上では。
 
 
 ここで今更ながら、名将の戦力値の概算を紹介します。すでにサービス終了したゲームだけどねw
 計算式は、
 
基礎能力(攻撃×4、体力×6、術攻×4、術守×2、守備×2)+装備スキルランク合計×50
 
 だと思われます。
 若干の誤差が出るのは、おそらく基礎能力が小数点以下まで設定されている(表示は整数だけ)からかな……
 
 ここで、戦力概算値のリストを公開します。

 こんな感じです。曹操を取っている人はほとんど居なかった(上位プレイヤーでは皆無だった)ので、曹操分だけ私が強くなっていたのです。
 これは、wikiにも載っていない、独自に調べ上げたデータです。
 何故公開しなかったのかというと、当時、何故かこの情報を公開するのにすごく否定的な人が居て文句とか言われたので、自分だけのデータとしておきました。
 その結果情報が広まらず、自分のレイド一位取りまくりな結果に繋がったわけですけどね。
 
 レイド以外でけっこう力入れたのは、封神台かな。


 塔の20階を、同盟内で一番にクリアできたと記憶しています。
 しばらくして、壊れ名将が実装されて、封神台はがんばるコンテンツではなくなりましたけどね。
 
 あと、いつのころからか、

 この衣装を着るようになったので、「緑の人」と呼ばれていたっけ。
 オンドルマー? サルモールのオンドルマールですよ、六文字しか入らないので……。
 
 
 
 
 
 しかし、終わりは来ます。
 
 2015年の4月に、封神台をクリアしてからは目指すものがなくなりました。
 レイドはやれば一位になる。日月争覇はめんどくさくなってきたし、それで手に入るアイテムも必要なくなった。
 同盟戦は、ゲーム外での時間の都合で参加できない。
 
 ああやることはあった。
 
 
 それは、上位ランカーと札束で殴りあうことだけ……(。-`ω´-)
 
 
 そんな未来に嫌気が差し、4月下旬、急激に飽きが来てプレイを止めました。

 最終的なステータスはこんな感じ。サービス終了一ヶ月前のバラマキイベント以前での数値です。
 
 
 プレイ期間は2014年6月から、2015年4月の11ヶ月間。
 一年に満たないプレイ期間でしたが、非常に濃い11ヶ月だったと記憶しています。
 
 課金額は、100万円に届いていたかな、それぐらいだったと思います。
 まぁ上を見たらこんな額なんてたいしたことないよね。
 
 
 そんな感じに、廃課金でパワープレイに走った記録でした。
 最終的に、2015年の10月いっぱいでサービス終了してしまったのですが、その前に飽きてプレイを止めていたので、課金がもったいないとは感じませんでしたね。
 中途半端な課金ではなく、サーバー内で戦力一位になったり、レイド戦で一位を取りまくったという実績も残せたので、満足した結果というべきでしょうか。
 
 一つ残念なことと言えば、家庭内の諸事情で自宅を離れなければならず、最後のイベントや、サービス終了最終日の宴会のようなものに参加できなかったことでしょうか。
 それと、音楽は良かったと思うので、録音していたらよかったなぁと思っています。
 
 
 余談ですが、今振り返ってみて興味深い結果となったものがありまして、それは廃課金したゲームほど長持ちしていないという結果です。
 四神演武 regulusはここまで課金して結果を出しておきながら、一年も満たずに飽きてプレイを止めてしまいました。
 その後、ほとんと課金せずにプレイしたヘクサウォーズは二年と三ヶ月。リングドリームは一年と七ヶ月続き、現在もプレイ続行中です。
 花火のように一瞬だけ派手に輝くのがいいのか、囲炉裏の炭のように地味に光続けるのがいいのか。
 どっちがよいのでしょうねぇ?
 
 
 それでは今更ながら、桃栗3年の皆様方、また、仲間チャットで絡んでくださった方々、よい思い出をありがとうございました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記