home > 雑記 > 2018年12月の雑記

2018年12月の雑記

 
12/2(日)
 このブログは今のところ毎日更新しているけど、完全にプレイ日記しか書いていないので雑談みたいなものを書ける場所も作ってみようかなと思ったりしたので作ってみた。といっても、もともとブログ機能もあったけどあまり使っていなかっただけですけどね。
 現在メインコンテンツとして、オブリビオンのプレイ日記第二章を始めたところです。それと、裏コンテンツで、ショコラというゲームを公開していますが、そっちはまぁあくまで裏ということで、オブリビオンメインで行きますね。
 どっちかと言えば、今更十年も前のゲームのプレイ日記、といった感じですが、第一章の後書き兼第二章の前書きの記事で書いたとおり、半分以上クエストを覚えていなかったり、プレイしていなかったりで、個人的にはわりと新鮮な気分でやっとります。
 それに新しく始めた第二章では、十年前にプレイしていた時の主人公キャラを、当時のスクリーンショット頼りで再現して登場させたりすると、懐かしいのとエロいのとでモチベーション上がりまくりですw
 話は変わるけど、フォールアウト76はプレイしません。というのも、フォールアウト4をプレイして、この世界観は自分には合わないなと感じて、中途半端なところでプレイ日記を打ち切ったりした過去があるからです。
 やっぱりね、オブリビオンの世界観が好きです。スカイリムの雪国より、シロディールの緑豊かな世界が好きです。フォールアウトの荒廃した世界は性に合いません。
 TES6はどうなるのかなぁ? とりあえず、発表はされたみたいなので、TES6が出るまでは、オブリビオンをのんびり楽しんでいきたいと思います。
 ちなみに物語はのんびりしすぎています。三十話近く書き貯めをしたのですが、普通に旅路にはまりすぎて、そこまで話数が進んでおきながら、メインに進めると宣言している戦士ギルドクエスト、最初の鉱山に武器を届けるクエストしか進んでおりません。あと、先述した過去キャラをメインヒロイン扱いにして、その娘も魔術師ギルドに入れるという話にして、推薦状クエストをオリジナルの話で勝手に作っていたりするので、さらに間延びしております。
 まあいいでしょう。スカイリムなんてプレイ日記を600話近く書いてるのだから、それに比べたら少ないものです。
 ひとまず今日は、ここら辺で失礼。
 
 
12/7(金)
 TESシリーズは、よく「戦闘システムがつまらない」という意見を聞きます。
 確かに。ゲームとして遊べば単調で物足りないかな、という気持ちもわかりますが、今現在のリプレイでは全く気になりません。
 というのも、戦闘らしい戦闘を全然していないからです。
 オブリビオンをゲームとしてではなく、ロールプレイの道具、つまりブログに物語風のプレイ日記を書くための道具として使うようになっているので、戦闘シーンはほとんどカットしています。
 余計な狼やイノシシや山賊が出てきたら、出現と同時にコンソール開いてDISABLE。身も蓋もないw
 物語で戦闘を描きたくなったら、敵が出現したらコンソールでSetRestrained 1を使ったり、taiを使ったりして動きを封じる。次に敵にポーズを取らせて、プレイキャラやフォロワーにもポーズを取らせて、それらしい場面を演出できたらスクリーンショット。満足いく写真が取れたら、コンソールでtaiなどを解除すると同時にkillを撃ち込んで退治する。最後に必要なら、死体を前に勝利ポーズを撮って、それでおしまい。
 こんな感じにゲーム自体がロールプレイの道具になっちゃっているので、スリリングな戦闘は必要ではなくなってしまっているのですよねぇ。
 
12/10(月)
 気がついたらこのブログでの総記事数が1000記事に到達しました。
 以前は三箇所ほど別々の場所で、それぞれ違うゲームのプレイ日記を書いていたのをここ一つに集約させたわけで、新記事としては半分以下となりますが、1000記事かぁ、飽きもせずに積もり積もっていったなぁ。
 内訳は、スカイリムが600記事ほどで完結、現在オブリビオン連載中で120記事、ショコラが100記事ほど、フォールアウト4が80記事ほど、Rippleが50記事ほど、これで何ぼや? 950ぐらいか、残りはその他雑記や目次ページで50記事ぐらいか。こんなところですね。
 文章の書き方も大分変わっていて、一番古い記事はスカイリムのプレイ日記ですがその頃の書き方と、現在最新はオブリビオンのプレイ日記ですが、今の書き方とで雰囲気が大分変わっていることが実感できます。
 
 

古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記